秋の味覚を堪能しました

つい先日の我が家のメニューはすっかり秋三昧でした。

 

 

 

サンマに炊き込みご飯に汁物、キノコのホイル焼きに焼きなすびさらにデザートは梨だったんです。

 

ここまで秋らしいメニューで揃っていないのはマツタケだけだね、という冗談を自分で言って笑っていたのを見て、旦那は苦笑しておりましたが妻は至って平気なので気にしていません。

 

 

 

でも、これだけの秋メニューが普通の夫婦の食卓にならぶのは不自然だと思いませんか。

 

そうなんです、この秋メニューにはもちろん理由があるんです。

 

なんだと思いますか。きっと答えを聞くとみなさん納得されることと思います。

 

特に主婦の方の共感を得られると思いますし、また、得たいと思うところなのですが、正解は旦那の両親が我が家へ来る、でした。

 

どうでしょう、かなり納得していただけたかと思います。

 

 

 

特別なお祝いなどで我が家へ寄るという訳ではないのでメインは庶民の味方のサンマを選びまして、その他の秋の味覚たちに支えてもらい献立を完成させました。

 

この秋メニューはもちろん嫁という立場から私なりに必死に秋を演出した献立というテーマを作り組み立てました。

 

結果旦那の両親は大満足して帰って行かれましたし、料理も褒めてもらえましたので良かったです。

 

 

 

また次回来た時には今回のように頭をフル回転させて献立を作ろうと思っています。

 

なので旦那の両親はある意味私の脳トレとなっています。